2018年07月14日

イチオシ56 ふりかけ

IMG_E6089.JPGIMG_E6092.JPGIMG_E6095.JPGIMG_E6096.JPGIMG_6094.JPGIMG_6099.JPG
TVで貴方を日本にご招待の番組拝見。今回はふりかけをこよなく愛する外国の方ですか。インターネトの普及で、私達日本人よりも知識が豊富だなといつも感心する番組。好きこそもののなんとやらだな。番組終了後、では、こちらもインターネットを活用してみますかとPCへ。番組紹介していた商品は、これですねと注文。早速来ました。べ、便利な世の中になったなー。さて、実食です。グランプリ受賞の『いか昆布』。組み合わせが絶妙だな。安価。量多し。育ち盛りの子にはお勧め。子供受けする、少し甘みのある味付け。私的にはお醤油注したいかなと感じる甘さ。茶漬けでも合いそうですね。手軽に混ぜご飯でおにぎりも悪くない。続いて登場が、『ちりめん山椒』和歌山の『前福』さん、創業明治38年の老舗。ちりめんは、我が家での定番は大阪の品なのですが、これは又の紹介で。開封すると、そのまま箱からちりめんが顔をのぞかせます。興味を持ったのが、とりたてシラスを30分以内に茹で上げる事。更に手の掛かる天日干しを繰り返していること。シラスの形、大きさに拘りがある事。醤油の発祥地である湯浅町の手づくり醤油を使用。和歌山県有田川町の最高級ぶどう山椒を使用している事。これは食さない訳にいきません。早速温かいご飯の上に。一口頂きます。甘口の仕上げ。京都のちりめんはどちらかというと塩気の強い辛口。対照的です。柔らかい仕上げ。上品ですね。おっと、ぶどう山椒が主張してきます。鼻に抜ける、新鮮な香り豊かな風味と刺激が良いですね。美味。熊野古道を中心に過日、和歌山を訪れたのですが、番組で紹介された山海の珍味を見ると、もう一度訪れたいですね。
posted by ジョー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月12日

お返し その2

IMG_6079.JPGIMG_6084.JPGIMG_6085.JPG
連日の猛暑で食欲減退、こうした日には、つるりとした麺類に魅力を感じる。さて、鯛のアラが残ったが、どう料理するか。鯛の潮汁の豆腐のつるりんとした触感も良いが、此処は麺で勝負。アラを煮て出汁を採り、うどんで食すことに。残った白身を外し、頭や背骨で出汁を摂るが、喉越しの良さも相まって、美味。生姜汁を好みで加えるのも有りか。食した翌日用にと冷蔵庫で汁と身をタッパーにて保存。開封するとプルルンとしたコラーゲンに。これはこれで、温め直し、玉子でとじて、三つ葉を散らし雑炊で頂いた。無駄なく、本当に捨てる所が無く美味しく頂戴出来る。今度は炊き込みで、いや、アクアパッツァに挑戦かと思いながらも、これは海の幸、鯛のお返しに感謝だなと感じますね。この暑さで、炊き立ての湯気を上げる白飯に少しげんなり。冷たいそばや、冷やし中華、それどころか清涼飲料水ばかり飲んで、ちっとも食欲がわかない時、胃腸が弱っていると考え、汗かいて箸を口に運んでエネルギッシュにいきましょう。
posted by ジョー at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月11日

お返し その1

IMG_6061.JPG
西日本の数十年に一回と云う豪雨。被害に遭われた方のお見舞い申し上げます。凄まじい雨や決壊、コアストーンなどを見ると、自然災害の脅威を感じます。さぞや怖かっただろうと想像されます。何かしら出来る応援を考えなければならないな。関東地方は快晴。連日猛暑日。何時も御中元時期になると、美味しい品を送ってくださる横浜の御夫婦。もうお付き合いは30年を超えるので、そんなに気を遣わなくったってと恐縮。あれこれとお返しを考えるが、なかなか思いつかない。無難な品をと思うが、浮かばない。結果、栄養を付けてもらうには肉か、魚の新鮮なものをと熱海に。晴れ間を縫っての体の良い理由のドライブですが。この際だからと、ちゃっかり自宅用にも鯛諸々をゲット。患者さんから教わったアクアパッツァをやってみたいところだが、今回、鯛は塩焼きで。くーっ!冷酒と合う。そこへ電話。
横浜の患者さん:「美味しかったわっ!アワビは刺身とステーキで。鯛は今日は刺身で。明日は、潮焼きで楽しみたいと。アラは、牛蒡と煮る予定」
JO君:「あー、良かったでした。しっかり奥様の手料理で御主人、栄養摂ってください」
捌くのが大変。片付けも大変。押し付けで、本当は御迷惑なんじゃないの?と心配のえり先生。いや、奥様は腕に自信。絶対腕によりをかけて調理する。御主人、それが一番の楽しみなはず。……。とは、思うものの、やはり押し付けたかな。せっかくの休日、忙しくさせちゃったかと後悔。お返しは、本当に難しい。でもと、改めて鯛の塩焼きを食すと美味。あれっ?さっきから冷酒は進むけど、白飯はさっぱりだな。やはり夏バテ気味か?
posted by ジョー at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月03日

趣味色々 13山野草

IMG_5988.JPGIMG_5991.JPG
かーっ!W杯、ベスト8逃しましたか。惜しかったなー。頑張りましたね、日本代表。拍手で迎えましょう。さて、田園調布付近の患者さん宅へ。治療が終わり、後片付け。
患者さん御子息:「最近の猛暑には参るね」
JO君:「本当ですね。身体がついていかないですよ」
患者さん御子息:「庭木に水あげるのも、大変でね」
JO君:「あんりっ!?鉢やら植木に名前を書いた紙がぶら下がっていますね。何だろう?」
患者さん御子息:「山野草」
JO君:「山野草って、野山に咲く花なんかですか?」
患者さん御子息:「そう。まっ、私にしてみると雑草にしか見えないけどね。お袋の趣味でね。自分で山に行ったり、仲間とバス仕立てて行ったりと。随分色々な所に行ったみたいよ。身体圧迫骨折してから、思うように動かせないので,代わって水遣りしてるけど、大変よ」
普段、カーテンして塞いでいたので、すっかり気付くことがなかった。この日はカーテン全開、改めて拝見。す、凄い種類だな。高原で咲いたり、育つ山野草だけど、平地でも大丈夫なのかな。判らないので、御子息に質問。彼も判らないとの事。でも、思い出と共に、患者さんの宝なんだろうな。た、確かに雑草にしか見えないけど…。
posted by ジョー at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月02日

イチオシ55 森之園 ほうじ茶あんみつ

IMG_E5953.JPGIMG_5955.JPG
JO君:「もう駄目。グダグダ」
6月末なのに、もう梅雨明け。此処ニ、三日は30℃越えの暑さ。大丈夫かな?東京の水瓶。取水制限にならないかな、8,9月。これからが暑さ本番なのに、もうバテ気味。薄くなった頭髪、直撃だものな。こうなると、河童だな。河童。水気がないと干からびちゃう。荷物両手に抱え、治療終了。無事、入れ歯をセット。
JO君:「休まないと訪問もたない。そこで、少し涼を取りましょう。ゴチしますから」
スタッフM:「キャ、キャッホ〜ってか、力が入らない」
御邪魔したのは、人形町、創業大正3年の『森之園』さん。以前、ほうじ茶ソフトクリームでブログ登場。さっぱりした、甘さが喉に残らない美味しさと記憶していたが、過日、アマゾンプライムで見た『孤独のグルメ』主人公 井之頭五郎さんがお店の二階で冷たい抹茶白玉を食していた場面を思い出したから。店内は、ほうじ茶の良い香り充満。誘われるように二階へ。メニューを覗きます。うーん。日光天然氷のほうじ茶かき氷。す、捨てがたい。ほうじ茶パフェに抹茶パフェ…魅力だな。今回はこれにしましょ。ほうじ茶あんみつ。出てきました。白蜜で頂くのですね。個人的には黒蜜好きなのですが。くーっ!冷たいほうじ茶アイスが堪りません。寒天、白玉までほうじ茶。フルーツあんみつやら、杏子あんみつも好きだけど、他店のあんみつとは一味違うな。ほうじ茶のあんみつには白蜜が合いますね。一気に汗が引いていきます。美味。抹茶の深い味わいも好きだが、ほうじ茶の香りとさっぱり感も好きだな。気力、体力充電完了!夏時期、無理せず水分補給と、こまめな休憩を。お試しあれ。
posted by ジョー at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記