2019年02月28日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その3)

IMG_0187.JPGIMG_0188.JPGIMG_0189.JPGIMG_0196.JPGIMG_0193.JPGIMG_0199.JPGIMG_0202.JPG
今回の旅の大きな目的地、高千穂地区に入りました。思わぬ発見やら、出会いでふらりと訪ねる楽しさも、何日も滞在なら可能ですが、神々の国ですから、結構な数の神社があるので絞らないと何が何だかになっちゃいます。限られた日程なので、高千穂を代表する三大神社に絞りました。まず紹介は『高千穂神社』。近くに名勝『高千穂峡』があるのでセットで御覧あれです。『高千穂神社』は創建1800年。高千穂八十八社の総社。御由来は写真を読んでね。厳かな雰囲気。多くの巨樹が迎えてくれます。その内の一本が夜、活躍してくれます。本殿の彫り物も圧巻、夫婦杉や、鎮石など、境内も見所が沢山あります。何かゆったりとした時間の流れを感じますね。おっと、えり先生は何処へ。居ました。フーム。巨樹にパワーを頂いているのでしょうか?真似しよっと。
posted by ジョー at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月27日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その2)

IMG_0150.JPGIMG_0164.JPGIMG_0167.JPGIMG_0170.JPGIMG_0174.JPGIMG_0177.JPGIMG_0175.JPGIMG_0176.JPGIMG_0179.JPG
宮崎空港到着後、レンタカーを借りて早速ナビに入力。知らない町、道、道路情報、名所、グルメ案内など情報があるので便利。携帯と共に、旅の必須アイテム。でも車種により、操作が異なるので注意。今回はどうやっても音声案内の音量が調節出来ず、耳をそば立てたり、静粛に!を繰り返す羽目に。それ以外は至って快適。観光バスや電車の移動も良いが、プライベートを維持できる空間としての移動手段は車に限る。家族の事、仕事の事、まいっちゃうよ、65歳以上で美術館入場料が割引になっちゃったよ、ひょっとしてバスも?などと話しているうちに、一番目と二番目の目的地に到着。ここは隣接しているのでクリアは容易。でも、本当は今回の始めの一歩として目的地設定で勧められたのは別の場所。後でお話しするが、そちらの案を採用すると時間的に後々響くかと順番を入れ替えた。起承転結的にはそちらをチョイスした方がベスト。紹介は後程になるが参考に。
えり先生:「冗談みたい。出雲・伊勢に次いでまたよ。黒猫が登場と、先導してくれる」
どうぞこちらへと、黒猫が案内する『鵜戸神社』へ。地元宮崎の青年と女子のカップルと合流。色々解説して頂いた。宮崎の人は優しいぞ。凄い場所にあり、足元に気を付けないと危ないが、聞けば日本ラクビーチームがお参りして強豪チームに快勝し、それ以降、勝ち運のパワースポットになったそうな。竜宮として登り龍の白龍が仰げる。波に洗われる親亀、子亀、孫甕も見もの。お参り後は日向のお伊勢さま『大御神社』へ。境内は海岸線に沿った壮大な造り。TVのあばれる君さんが強力パワースポットとして紹介した神社。日本一の『さざれ石』が拝見できます。それにしても海岸線の岩場。造形に言葉失います。地質学、地層学などに興味ある方、宮崎は最高の場所。圧巻です。凄いな、地球は。
posted by ジョー at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月26日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その1)

IMG_0144.JPG
患者さん御家族:「それなら熊本空港から宮崎空港に行くルートの方が良いのじゃない?」
何やかやと忙しかった年末年始。このままじゃ心がカラカラで、もう駄目。エネルギー注入には旅が一番と、えり先生に相談。組み立てを全権任されたが、確かに患者さん家族の言う通り。効率から考えたらそうなりますね。ポイントは航空券、宿、見学目的地、レンタカーで組み立てるんだけど…既に遅し。もう予約しちゃったもんね。勿論キャンセル可能だが、あれよあれよという間に仕事に追われ、すっかり忘却の彼方に。今更ながら、キャンセル料が発生する日付まで来てしまった。悔しいじゃありませんか。な、なんとかしましょう。と云っても、どうにもならんか。そんな時に、テレビ『旅サラダ』で鶴太郎さんが宮崎を巡る紹介。あっ、こっちの地域も魅力あるな。行ってみたいな。食べたいななどと心を惑わすのだけど、どう動きますかね。結果、現地に詳しいスタッフMに丸投げ。
スタッフM:「絶対見てもらいたいところは此処なんですよね。色々ある。組み立ててみますか」
手渡された見所、ルートマップを拝見。事前に宮崎県は縦に長い県とイメージはあったが、こうした旅の計画書になりましたか。
JO君:「やっぱりこうなりますか。見たい高千穂と、日南の鵜戸神宮を結ぶとね」
スタッフM:「い、いえ。行ってもらいたいのは先端。……。都井岬まで」
JO君:「いーっ!?串間?じょ、冗談でしょ。海岸線を太平洋見ながら一周する感じって、どうして真ん中に宮崎空港があるんだろ?このルートしか無理だものな。宮崎縦断の往復って感じ。あー、やっぱり熊本か、いっそ鹿児島からを出発地点にすれば良かった。しょうがない。走りまくりますか。体力勝負だな」
ルートを計算。ニッヒヒって、もうアカン。ご、ご、五百キロメートル超えてるジャン。疲れに行くようなものだな。どうなる今回の旅?いざ、神々の国へ。
機上でえり先生:「岩手県を上から下まで行くよりしんどい行程。まかせたの間違い」
posted by ジョー at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記