2019年08月03日

お酒86 箱入り娘

IMG_1200.JPGIMG_1201.JPG
創業300年の福岡県八女市にある(株)高橋商店さんの大吟醸。山田錦100%使用。国産麹を使い、精米歩合40%。アルコール度数16度以上のお酒。娘親としては、まずネーミングにやられちゃうな。更に裏にあるラベルに『銘柄名の如く蔵人達が、手しおにかけて醸した師玉の銘酒』などと書かれていると、もうダメ。「こ、これ、買います」となちゃう。お米本来の良い香りとふくよかな味わい。後味が、しっとり余韻で舌に残る上品さ。どの料理にも合うというより、単品でじっくり冷で楽しまれるほうが良い感じ。更に云うと、誰にも見られないようにこっそり自室に篭り、飲むように。場合によってはワンワン泣きながら飲む可能性大だから。生まれた時には、熱出して心配したな。幼少の時には集団での行動につぃて行けるか。受験期には随分とカリカリしていたな。思春期には友人関係と楽しく過ごしているか。大学では将来の進む道を選んだか。社会人では靴下が血だらけになるまで研修で営業がんばっていたな。自立した女性になるように。決して男に頼る追従型にはなるなと厳しく育てたつもりでも、やはり『箱入娘』的目線になっていたかな、など杯を重ねては、思い出ボロボロ。もう今では二児の母親かど、しみじみとその時々を思い起こさせる酒。祝い酒にある色々なネーミング。『初孫』もそうでしたが、『箱入娘』も強烈カウンターです。もう、半分飲んじゃったよ。あーー。早く現実に戻ろう。『何泣いてるの。目、ウルウルしちゃって』とえり先生が噴き出しそう。こんな姿を見られてたまるか。
posted by ジョー at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月02日

珍しい55 天空の女神

IMG_1241.JPGIMG_1239.JPG
良いネーミングですね。天空の女神。蜜蜂がいなくなったら人類滅亡。なぜって、作物の受粉に多大な影響を与えるからと映像や、読物で紹介され、一時期、蜜蜂が激減。巣箱から一匹もいなくなった一体どこへ?などと心配なニュースもあり、あれ程小さい蜂が大活躍しているのねと愛おしく感じていましたが、患者Sさんから頂戴した蜂蜜。都会にいながら自然と調和した暮らしを送りたいとの願いから、蜜蜂の巣箱を設置。なんと、なんと、驚きの西新橋で採れた蜂蜜なのです。つまり、高層ビルビンビン。アスファルト道路ズドン。人混みSL広場インタビューの、この港区新橋を一生懸命、花を探し、蜜を集めるためブンブン飛んでいたいた蜜蜂達からの贈り物。この地で蜜が採れるのですか。緑少ない、この都会で?何処にあるの花?良く灰色のビル街で探して、飛び回る事が出来たなと感心。迷うことなく蜜蜂君に敢闘努力賞授与。貴重な蜜をスプーンにて一匙。…。美味。いろいろ考えさせられる味。都心とは云え、緑化運動と、花壇の設置など推進しなくっちゃだな。命を懸けた小さな蜂に教わった感じ。牽いては人間の為。負のスパイラルにしないように。良いサイクルに持っていくように少しずつ協力をだな。
posted by ジョー at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記