2019年10月09日

お酒87 超特選 純米吟醸 金稀

IMG_1483.JPGIMG_1487.JPG
神戸市東灘区の『櫻正宗』さんの『金稀』。精米歩合60%。国産米、麹使用。アルコール16度以上17度未満。酒米、山田錦を100%使用したお酒。やや辛口の仕上がりだが、口に含むと芳醇な香りと共に、米のふくよかな旨味を持つ味わいが広がる。奥行きのある味。美味。最近はアル添の大吟醸も良いが、夏のしぼりたてや、純米吟醸の良さを改めて再発見。日本酒は奥深い。じっくり冷やや、ぬる燗で単品で楽しむのも良いが、今宵は何と合わせるか。単純に卵焼きで。それも出汁巻きではどうだろうか。買い求めた液体の『根昆布だし』を使用。我が家での普段は本だし、薄口醤油が定番。初めて使うが、仙台のS.Aにて買い求めた品。卵三個に小さじ二杯。塩で味を調えますか。鮮やかな黄色。ほとんど食材の色を邪魔しないな。どれ、試食。昆布の旨味凝縮。ふーん。これ、うどん汁にも合うな。へえ〜。炒飯、野菜炒め、ステーキの仕上げ、肉じゃがにも合うのか。使い方色々だな。重宝しそう。おっと、本来の楽しみをと。二、三口卵焼きを口に。淡い出汁巻きを楽しんで、一口『金稀』を。口の中の食べ物を流したところで、更に『金稀』を一杯。グ、グ、グワワァーンと本来の酒の美味しさが口の中を独占。……。暫し無言。一時呼吸停止。くーっ!い、い、いいなー、これ。お試しあれ。
posted by ジョー at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記