2017年05月06日

圧巻!来たぞ、1700号、日本寺

IMG_2533.JPGIMG_2611.JPGIMG_2608.JPGIMG_2610.JPGIMG_2622.JPG
JO君:「という訳で、どうしてもと懇願された都内に住む若いご夫婦に愛車を譲ることになったのよ」
娘2:「じゃあ、ラストランにドライブしてあげないとだね。何処に行くの?」
JO君:「そういう次のオーナーに失礼な事しないの。現状のまま、見たものを渡してあげる。未練がましい事しないの」
最近は、すっかりガレージで惰眠ばかりの愛車。形も好きで飾ってても良いかとも思ったが、やはり車は走ってあげてこそ車。先だっての旅行で、重量級・6MTに体力的限界を感じ相談したところ、ネオクラッシック的な車として人気があるとの話から預けてみたら、なんと3時間後には譲ってほしいとの話が。しっかり次オーナーに可愛がってもらいなさいと決心した次第。少しばかりポッカリ心に穴が開いた状態でG.Wに突入。京都だ、奈良はどうかなどと相談したが、慣れぬ旅先での渋滞や混雑を想像するだけで嫌気が。ふと、以前TVで見た千葉県のお寺が気になっていることをえり先生に話すと、そこ良いのじゃない。アクアラインで行くと近いしと、鋸山の曹洞禅宗、1300年前開山の日本寺に出発。本尊は薬師瑠璃光如来。病苦を救う仏様。患者さんの健康回復と安全を願います。早朝に出発したせいもあり、渋滞に合わずに到着。流石に海ほたるは混雑。通行料が高いので敬遠していたが、成程こうしたものかと初アクアライン。一度で良いから愛車Mを走らせてあげれば良かったなと後悔。御参りが終わったら海鮮に舌鼓を打ちますかと話していたが、iPhoneで調べると二人して顔を見合わせ、唾をゴクンと飲み込んだ。10万余坪の敷地、日本一の大仏、地獄のぞき、百尺観音、千五百羅漢。簡単に云うと、鋸山全体が境内という感じ。しゃらっと5分、10分で拝観が終了するものと思っていたが、甘かった。
すれ違う人:「まいっちゃうね。しんどい」「まだまだ山頂まで半分も行ってない。頑張って」「無理せず、休み休みがいいですよ」「これじゃ長寿を願いに来たのに、早死にしそうだよ」「まいった。息ができない」「膝が、腰が。あ、あ〜!」とかの、悲惨な言葉が返ってくる。確かに私共の膝もガクガク、ワナワナ状態。
帰宅して菖蒲湯で疲れた身体をリフレッシュ。PCを調べると、あの金毘羅様でさえ、石段数は1368段。日本寺は2639段と圧倒的。それでも、上には上があり、熊本の釈迦堂では3333段。更に日本一では、長崎にある全長3km、8888段の遊歩道があるというから、驚き。どちらにせよ、富士山、伊豆半島まで見える絶景。緑深い、歴史あるお寺。一度は訪れる価値ある場所。心して、準備万端で登山すべし『日本寺』。きつかった〜っ!そして、…さらばじゃ!我が愛車『紅の豚9号機』!(注1:我が家にあるお気に入りの赤い物に、勝手に○号と名付けている)達者に暮らすのだぞ!(注2:次期FX、全く頭に考えておりません)
posted by ジョー at 06:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
譲さんへ
ご無沙汰しています。お元気そうで何よりです。
愛車手放しちゃうんですか・・。
昨日、玉と今シーズン最後のセリ鍋を食べてきました。来シーズン是非えり先生と一緒に一度食べにいらして下さい。M先生はBとGTを買われたとか・・。2000GTの再来になるかものLCに乗ってみるのもいいかも?では、また。
Posted by ちば at 2017年05月07日 09:01
愛車売却は寂しいものです。手が掛かった程、愛着が湧きます。暫くはセンチメンタルですね。M先生は、リッチだからねぇ〜。我々を驚かす物を今後もゲットしてもらいたいところ。応援しますよ、M先生!Cちゃんと、Tちゃんと共に、来年こそセリ鍋を頂戴したいですねっ!盛夏が近づいてきます。御身体を大切に。共に頑張りましょう!
Posted by ジョー at 2017年05月07日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179658928

この記事へのトラックバック