2017年05月07日

富士山15 弁天橋

IMG_2605.JPGIMG_2569.JPGIMG_2568.JPGIMG_2598.JPGIMG_2582.JPGIMG_2594.JPG
G.W、長い人だと9連休の今年だそうな。我々はカレンダー通りの休み。前半は事務的な仕事で消化。月火と働き、3日は母をショートステイに送り出す準備。土曜も仕事となると、実質4、5日の連休と7日の日曜が主な休みだが、7日は、掃除、原稿やら、案内文作成やらを考えなければならない。よって、4,5日が今年のG.Wとなった次第。4日は日本寺に。5日はどうしますかとなり、近場からチョイス。江の島に行って、江ノ電やら、モノレールに。更に鎌倉に足を延ばしてと考えるが、多分人込みでごった返しの状態だろうと想像。こうした時は、無理せず、無計画にならず、絞り込んで、目的地を限る。結果、見る所は、岩屋と、過日スタッフMが友人との食事会でローストビーフを食した話から、我々も鎌倉山にて食事を楽しむべしとなった。早朝6時に出発。車に乗り込むと膝が太ももが、腰が笑っている。ま、まいっちゃうねと二人して苦笑い。道中渋滞なし。第三から横新道路で江の島へ。海は穏やか。弁天橋からの富士山。良い眺め。これだけで満足。日本三大弁財天である江の島。辺津宮、中津宮、奥津宮とお詣り。岩屋を目指します。階段数を調べると662段。往復で1324段ですか。昨日に比べると御茶の子さいさいだが、二日連続の筋肉痛は効くな。岩屋開始時間の9時まで稚児ヶ淵で波と戯れますか。ふと見ると、相乗りの小型船舶があるじゃないですか。40分は徒歩で掛かるのが、10分間隔で弁天橋に6,7分で到着との事。勿論、往復の運航。…。…。これを使えば筋肉痛から解放されていた訳ね。高齢、足腰が悪い方、無理せずこの船を利用したほうが楽です。お勧め。えり先生に尋ねたが、普段鍛えてないので徒歩で帰ろうと厳しい返事。無事岩屋も拝見し、帰路へ。途中、坂上のお店にお邪魔。サザエのつぼ焼きとハマグリ。江の島ビールが染みるな。堪らないっす。近くの客の江の島丼や、しらす丼を指を銜えて見るが、お昼がメイン。ここはこれ位で我慢。行きでは多少人通りがねが、既に観光客で老若男女入り乱れ、とんでもない数に。早くに退散すべし。ヒィヒィの躰で人込みをかき分け弁天橋に戻ると、駐車場待ちの長い列が。こりゃ行く先々でとんでもない渋滞に巻き込まれるぞと、早々に鎌倉山に。『鎌倉山ローストビーフ本店』に到着。聞くとこの鎌倉山、土地開発、分譲が千坪単位であったとの事。建設会社会長宅の別荘を譲り受け、改装してのお店だそうな。春風に揺れる樹林に囲まれ、ホトトギスの囀りを聞く。先ほどまでの喧騒が嘘のような静寂。ウエディングも出来る広い敷地。中庭の芝生が眩しい。新鮮な海鮮から始まる和洋折衷料理。フォークでも切れるローストビーフの柔らかさ。規律あるシェフ姿の鮮やかな手さばきとおもてなし。大満足のG.W。嫋やかな時間の流れの中で、御自身の心と身体に御褒美をと、非日常に浸る一瞬を是非お楽しみあれ。
posted by ジョー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179668708

この記事へのトラックバック