2018年07月12日

お返し その2

IMG_6079.JPGIMG_6084.JPGIMG_6085.JPG
連日の猛暑で食欲減退、こうした日には、つるりとした麺類に魅力を感じる。さて、鯛のアラが残ったが、どう料理するか。鯛の潮汁の豆腐のつるりんとした触感も良いが、此処は麺で勝負。アラを煮て出汁を採り、うどんで食すことに。残った白身を外し、頭や背骨で出汁を摂るが、喉越しの良さも相まって、美味。生姜汁を好みで加えるのも有りか。食した翌日用にと冷蔵庫で汁と身をタッパーにて保存。開封するとプルルンとしたコラーゲンに。これはこれで、温め直し、玉子でとじて、三つ葉を散らし雑炊で頂いた。無駄なく、本当に捨てる所が無く美味しく頂戴出来る。今度は炊き込みで、いや、アクアパッツァに挑戦かと思いながらも、これは海の幸、鯛のお返しに感謝だなと感じますね。この暑さで、炊き立ての湯気を上げる白飯に少しげんなり。冷たいそばや、冷やし中華、それどころか清涼飲料水ばかり飲んで、ちっとも食欲がわかない時、胃腸が弱っていると考え、汗かいて箸を口に運んでエネルギッシュにいきましょう。
posted by ジョー at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183842741

この記事へのトラックバック