2019年02月26日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その1)

IMG_0144.JPG
患者さん御家族:「それなら熊本空港から宮崎空港に行くルートの方が良いのじゃない?」
何やかやと忙しかった年末年始。このままじゃ心がカラカラで、もう駄目。エネルギー注入には旅が一番と、えり先生に相談。組み立てを全権任されたが、確かに患者さん家族の言う通り。効率から考えたらそうなりますね。ポイントは航空券、宿、見学目的地、レンタカーで組み立てるんだけど…既に遅し。もう予約しちゃったもんね。勿論キャンセル可能だが、あれよあれよという間に仕事に追われ、すっかり忘却の彼方に。今更ながら、キャンセル料が発生する日付まで来てしまった。悔しいじゃありませんか。な、なんとかしましょう。と云っても、どうにもならんか。そんな時に、テレビ『旅サラダ』で鶴太郎さんが宮崎を巡る紹介。あっ、こっちの地域も魅力あるな。行ってみたいな。食べたいななどと心を惑わすのだけど、どう動きますかね。結果、現地に詳しいスタッフMに丸投げ。
スタッフM:「絶対見てもらいたいところは此処なんですよね。色々ある。組み立ててみますか」
手渡された見所、ルートマップを拝見。事前に宮崎県は縦に長い県とイメージはあったが、こうした旅の計画書になりましたか。
JO君:「やっぱりこうなりますか。見たい高千穂と、日南の鵜戸神宮を結ぶとね」
スタッフM:「い、いえ。行ってもらいたいのは先端。……。都井岬まで」
JO君:「いーっ!?串間?じょ、冗談でしょ。海岸線を太平洋見ながら一周する感じって、どうして真ん中に宮崎空港があるんだろ?このルートしか無理だものな。宮崎縦断の往復って感じ。あー、やっぱり熊本か、いっそ鹿児島からを出発地点にすれば良かった。しょうがない。走りまくりますか。体力勝負だな」
ルートを計算。ニッヒヒって、もうアカン。ご、ご、五百キロメートル超えてるジャン。疲れに行くようなものだな。どうなる今回の旅?いざ、神々の国へ。
機上でえり先生:「岩手県を上から下まで行くよりしんどい行程。まかせたの間違い」
posted by ジョー at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185621300

この記事へのトラックバック