2019年03月04日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え(その7)

IMG_0290.JPGIMG_0289.JPGIMG_0285.JPGIMG_0299.JPGIMG_0304.JPGIMG_0309.JPGIMG_0317.JPG
宿に到着。足の踵が靴擦れ。明日も歩くから足のケアはしっかりと。宿の楽しみはお風呂と食事。湯船でゆっくり身体を温めます。内閣総理大臣賞を三年連続で受賞した宮崎牛。これを食するのも目的の一つだったが、負けじとこちらでは高千穂牛が登場。これも美味。口の中でジューシーに肉の旨味が広がります。こ、こうなると上質な脂をアルコールで流したいところ。何にするか…。メニューで悩むか、並んだお酒で悩むか。道中拝見した『黒馬』の工場が有りましたので、今宵は『黒馬』で。相性ピッタリ。満腹です。こりゃ爆睡だな、今晩はという場面でご案内が。ちょっと嬉しいサプライズ。送迎バスで『夜神楽』見学が出来るらしい。勿論参加。『高千穂神社』内で神楽を拝見できる。5,60人の方々と鑑賞。聞けばあの『高千穂神社』の巨樹が台風だか、強風雨で倒木。その木を利用した施設。形を変えての活躍です。『夜神楽』は、毎年11月中旬から翌年2月まで各村々を回るらしいが、30余りの村も徐々に減少、現在は18の村位とか。国指定重要無形文化財の夜神楽だが、舞う人材も後継者不足らしい。1964年の東京オリンピックの聖火リレーでは『夜神楽』に合わせ、夜に聖火を迎えたそうな。『夜神楽』は33番の踊りを夜を通して行うが、盛り上がるのは午前2時くらいらしい。その中の4番。代表的な@手力雄の舞A鈿女の舞B戸取の舞C御神体の舞、が拝見できる。高千穂町観光協会でも対応してくれるので、是非とも御覧あれ。
posted by ジョー at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185654292

この記事へのトラックバック