2019年07月19日

2019凸凹コンビそうだ京都に行こう その2

IMG_1112.JPGIMG_1125.JPG
中途半端な午前中の行動時間。どこに行くか。午後の行動を考えると見たい場所は山ほどあるが、のんびり散歩と決めて徒歩に。手にした京都マップ。八条通り辺りからスタートですね。清水寺やら三年坂も良いな。お店を回って、清水焼でも覗いてみますか。でも人混みが凄そうだな。海外からの観光客でごった返し状態と推測。夢の2000万人など軽く突破。今では4000万人を目標に、なんてニュースがあったもの。もみくちゃだな。…。んっ?各々徒歩7分、15分と近いぞ。西本願寺と東本願寺。修学旅行で行ったかな。そもそも本願寺、何で西と東に有るんだろう。両方とも親鸞聖人だと思うのだけれど。早速調べてみますかとスマートフォン登場。いーっ!話は戦国時代に遡るの?石山戦争?今の大阪城がある地に石山本願寺があったそうな。ここで織田信長と石山本願寺の戦いが10年以上あったのね。降伏しなかったんだ。強いな、お坊さん達。勝敗つかずの織田信長が天下統一の障害になると困って、その後、和睦に転じた分けね。和睦に応じる顕如上人と三男、徹底抗戦の長男と意見が真っ二つに。結局顕如上人は和睦を決め。石山本願寺を明け渡したんだけど、織田信長さんは、やっぱり本願寺は滅亡させなきゃと心の奥底で画策したわけ。あっ!?ここで『敵は本願寺にあらず、本能寺にあり』と明智光秀に信長討たれるわけですか。で、秀吉は問題回避。本願寺?知らぬ存ぜぬね。で、徳川家康さんは顕如上人から三男に家督を譲りうけたのが西本願寺。徹底抗戦主張派の長男に寺地を寄贈し、東本願寺画が出来たんですね。家康らしい勢力分断作戦で解決しましたか。いやー、凄い話ですね。普通、逃げるだろうに、武将と渡り合う、力強さ。ここは是非お参りしなきゃです。有り難い講話も聞けます。人混み一切なし。是非訪れてみては。
posted by ジョー at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186296690

この記事へのトラックバック