2019年03月03日

凸凹コンビ宮嵜を走る500km超え(その6)

IMG_0241.JPGIMG_0257.JPGIMG_0252.JPGIMG_0258.JPGIMG_0263.JPGIMG_0264.JPGIMG_0267.JPGIMG_0277.JPGIMG_0280.JPGIMG_0278.JPGIMG_0279.JPG
天照大神のお隠れになった洞窟の解説を受けた時。
解説中の社の方:「此処『天岩戸神社 西本宮』は天照大御神が御隠れになったのと、岩戸から出てまいりました事を祀った社であります。その後にお住まいになったのが、『天岩戸神社 東本宮』であります」
な、なにぃ〜?旅のスケジュール帳に漏れていた。此処に行かないと『天岩戸神社』が完結しないではないか。解説していたこの方に感謝。おっと、集合場所と時間も併せて紹介。西本宮ではくれぐれも忘れないように。早速西本宮を辞して、左折。直ぐの岩戸橋をさらに左折。渡って300m直進。広い駐車場に停車。誰もいないじゃないですか。やっぱり皆様あまり知らないのね。地図写真参照の事。此処に来ないと駄目です。長い階段がお迎えです。風格ある本殿。威厳があります。みやざき新巨樹100選の『七本杉』も見もの。この右手に立ち入り禁止の『天岩戸』があるんですね。有り難い『御神水』を頂戴。身体の中に染み渡ります。澄み切った空気を満喫。次なる『くしふる神社』に向かいます。『高千穂神社』と『天岩戸神社』の中間地点。三大高千穂神社の一つ。此処も魅力あふれる神社。訪れる人も、会ったのが4人。もっと知ってもらいたいような、荒らされたくないような。でも、このブログを見た人には行ってもらいたいな。どんどん浄化される気分です。一日目の旅程はここまで。さて、宿にチェックインとまいりましょ。
posted by ジョー at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月02日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その5)

IMG_0183.JPGIMG_0185.JPGIMG_0184.JPG
多くの方が高千穂地方に入ると、目にする案内板。成程、位置関係はこうなっているのですか。では、次なる目的地『天岩戸神社』と『天安河原』を目指しましょうとなる。『高千穂峡』から車で20分程の移動。我々も本殿にお参りし、100m程離れた次なる河原へと続く道を急いだ。宿のチェックインをそろそろ気にしないとね。でも、本殿でお賽銭を入れて礼をしている最中に目の端に、5,6人の人が本殿脇でお祓いを受けていたな。?、?、なんだろう?特別な人達?事前申し込みのグループ?などと思って首をかしげたが、、周りにアジア系の観光客が居たので混ざるように本殿を後に河原に移動。ふーん。河原移動には往復30分掛かるんだ。何?このお知らせの張り紙?ご案内?社の方が『天岩戸神社』を案内してくれるの?大凡30分の内容とある。さっきの一団はこれだったんだ。次回の案内時間は…あ。あかん、後14分後。慌てて途中まで進んだ『天安河原』を引き返し、集合場所へと向かいます。二人ともゼーゼー。息が切れているところに、やがて解説の案内人登場。写真撮影禁止。お祓いを受け、本殿裏に案内(ここが重要)。天照大御神が御隠れになった洞窟を拝する事に。対岸にあり、絶対的立ち入り禁止区域をお参りする事が出来るんです。歴史的解説や、危うく忘れる所の場所を気付させてもらいました。これは絶対に案内を聞いた方が宜しい。というか、聞かなくては駄目。何も知らぬ外国人は全員お帰り、参拝の9割以上の方も本殿お参りで辞しちゃうのはもったいない。宿チェックインして、翌日朝食前に『天安河原』には再挑戦。その前に気づかせて頂いた場所に寄らなければ。此処ですか?更にこの日訪れた『天岩戸神社』参拝客の…そうだな…100分の2。2パーセントしか行ってない勘定ぐらいかな。もったいない。写真を含めて次号でご案内します。
posted by ジョー at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月01日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その4)

IMG_0206.JPGIMG_0207.JPGIMG_0211.JPGIMG_0213.JPGIMG_0217.JPGIMG_0218.JPGIMG_0224.JPGIMG_0226.JPGIMG_0229.JPG
『高千穂神社』から『高千穂峡』へと移動。多少山間のカーブが続く道だが、距離は短い。込み合う駐車場に車を止め、早速見学。有名なのが橋の上から撮った一枚目に近い写真が皆様の記憶にもあるものと思うが、近くの遊歩道を歩くと圧巻である。厳美渓や吹き割の滝、養老の滝や白糸の滝などの名所とは全然違う。見上げると、山肌の岩場から幾筋の小さな滝が見える。これが豊かな水源なのだなと気付く。成程、町の上水道になっているのか。この水を用いて近くのお店では『流しそうめん』と看板が出ている訳だ。美味そうだな等と云ってないで、先を急ぎましょ。目に飛び込んでくるのは、驚く石壁の造形の数々。神様は天才芸術家なのである。アーティストなのである。『大御神社』の海岸線の岩場でもその男性的な力強さに感動したが、此処の美しさも別格。どうするとこのような形になるの?言葉を失う程のダイナミックさ、存在感。地質学に詳しい人なら、見ているだけでご飯が掻き込めるのではないか。一見の価値ありどころか、必見です。凄い。
posted by ジョー at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月28日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その3)

IMG_0187.JPGIMG_0188.JPGIMG_0189.JPGIMG_0196.JPGIMG_0193.JPGIMG_0199.JPGIMG_0202.JPG
今回の旅の大きな目的地、高千穂地区に入りました。思わぬ発見やら、出会いでふらりと訪ねる楽しさも、何日も滞在なら可能ですが、神々の国ですから、結構な数の神社があるので絞らないと何が何だかになっちゃいます。限られた日程なので、高千穂を代表する三大神社に絞りました。まず紹介は『高千穂神社』。近くに名勝『高千穂峡』があるのでセットで御覧あれです。『高千穂神社』は創建1800年。高千穂八十八社の総社。御由来は写真を読んでね。厳かな雰囲気。多くの巨樹が迎えてくれます。その内の一本が夜、活躍してくれます。本殿の彫り物も圧巻、夫婦杉や、鎮石など、境内も見所が沢山あります。何かゆったりとした時間の流れを感じますね。おっと、えり先生は何処へ。居ました。フーム。巨樹にパワーを頂いているのでしょうか?真似しよっと。
posted by ジョー at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月27日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その2)

IMG_0150.JPGIMG_0164.JPGIMG_0167.JPGIMG_0170.JPGIMG_0174.JPGIMG_0177.JPGIMG_0175.JPGIMG_0176.JPGIMG_0179.JPG
宮崎空港到着後、レンタカーを借りて早速ナビに入力。知らない町、道、道路情報、名所、グルメ案内など情報があるので便利。携帯と共に、旅の必須アイテム。でも車種により、操作が異なるので注意。今回はどうやっても音声案内の音量が調節出来ず、耳をそば立てたり、静粛に!を繰り返す羽目に。それ以外は至って快適。観光バスや電車の移動も良いが、プライベートを維持できる空間としての移動手段は車に限る。家族の事、仕事の事、まいっちゃうよ、65歳以上で美術館入場料が割引になっちゃったよ、ひょっとしてバスも?などと話しているうちに、一番目と二番目の目的地に到着。ここは隣接しているのでクリアは容易。でも、本当は今回の始めの一歩として目的地設定で勧められたのは別の場所。後でお話しするが、そちらの案を採用すると時間的に後々響くかと順番を入れ替えた。起承転結的にはそちらをチョイスした方がベスト。紹介は後程になるが参考に。
えり先生:「冗談みたい。出雲・伊勢に次いでまたよ。黒猫が登場と、先導してくれる」
どうぞこちらへと、黒猫が案内する『鵜戸神社』へ。地元宮崎の青年と女子のカップルと合流。色々解説して頂いた。宮崎の人は優しいぞ。凄い場所にあり、足元に気を付けないと危ないが、聞けば日本ラクビーチームがお参りして強豪チームに快勝し、それ以降、勝ち運のパワースポットになったそうな。竜宮として登り龍の白龍が仰げる。波に洗われる親亀、子亀、孫甕も見もの。お参り後は日向のお伊勢さま『大御神社』へ。境内は海岸線に沿った壮大な造り。TVのあばれる君さんが強力パワースポットとして紹介した神社。日本一の『さざれ石』が拝見できます。それにしても海岸線の岩場。造形に言葉失います。地質学、地層学などに興味ある方、宮崎は最高の場所。圧巻です。凄いな、地球は。
posted by ジョー at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月26日

凸凹コンビ宮崎を走る500km超え (その1)

IMG_0144.JPG
患者さん御家族:「それなら熊本空港から宮崎空港に行くルートの方が良いのじゃない?」
何やかやと忙しかった年末年始。このままじゃ心がカラカラで、もう駄目。エネルギー注入には旅が一番と、えり先生に相談。組み立てを全権任されたが、確かに患者さん家族の言う通り。効率から考えたらそうなりますね。ポイントは航空券、宿、見学目的地、レンタカーで組み立てるんだけど…既に遅し。もう予約しちゃったもんね。勿論キャンセル可能だが、あれよあれよという間に仕事に追われ、すっかり忘却の彼方に。今更ながら、キャンセル料が発生する日付まで来てしまった。悔しいじゃありませんか。な、なんとかしましょう。と云っても、どうにもならんか。そんな時に、テレビ『旅サラダ』で鶴太郎さんが宮崎を巡る紹介。あっ、こっちの地域も魅力あるな。行ってみたいな。食べたいななどと心を惑わすのだけど、どう動きますかね。結果、現地に詳しいスタッフMに丸投げ。
スタッフM:「絶対見てもらいたいところは此処なんですよね。色々ある。組み立ててみますか」
手渡された見所、ルートマップを拝見。事前に宮崎県は縦に長い県とイメージはあったが、こうした旅の計画書になりましたか。
JO君:「やっぱりこうなりますか。見たい高千穂と、日南の鵜戸神宮を結ぶとね」
スタッフM:「い、いえ。行ってもらいたいのは先端。……。都井岬まで」
JO君:「いーっ!?串間?じょ、冗談でしょ。海岸線を太平洋見ながら一周する感じって、どうして真ん中に宮崎空港があるんだろ?このルートしか無理だものな。宮崎縦断の往復って感じ。あー、やっぱり熊本か、いっそ鹿児島からを出発地点にすれば良かった。しょうがない。走りまくりますか。体力勝負だな」
ルートを計算。ニッヒヒって、もうアカン。ご、ご、五百キロメートル超えてるジャン。疲れに行くようなものだな。どうなる今回の旅?いざ、神々の国へ。
機上でえり先生:「岩手県を上から下まで行くよりしんどい行程。まかせたの間違い」
posted by ジョー at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月30日

来ちゃったぞ、1800号。何回目?

IMG_7340.JPGIMG_E7341.JPGIMG_7343.JPGIMG_E7345.JPG
JO君:「して、次なる愛車は何?新しいAクラス。『ハイ、メルセデス。車内の温度を24℃に。』なんて良いんじゃない。インパネも未来派だし」
えり先生:「やっぱり慣れているミニに。取り回しも楽だし。今度は5枚ドアが希望」
JO君:「ま、ま、またですか。これで通算何回目だ、ミニ?何台?」
というわけで、めでたく納車。目新しいもの…ないですね。しいて言えば、バックランプがユニオンジャックか。オシャレ。室内は、ナビがタッチパネルね。おっ!?これ良い。ETCがバックミラーにセットですか。あんりりっ!ドライブレコーダー付き?もはや時代だな。かなりの装着車があるというものな。見慣れた光景のような、進歩しているような。でも、相変わらず質感はワンクラス上の感じ。プラスチックや皮の使い方が上手いなと感心。成程ねとガレージから降車。ドアを閉めると、何やらランプが。ひょっとして足元を照らす訳?ロゴが?改めてミラーを畳まず、ドアーを閉めると床にロゴが燦然と。ドアの取っ手も光る。オシャレ。こういうギミック、高級車にあって、感心した事ありましたが、効果は二の次としても、心華やぎますね。個人的にはミッションが一段増えたのが、どうフィールが違うか興味があるところですが、体感的には鈍感なのか、あまり変化感ぜず。安全で楽しく、仕事に、プライベートにと、活躍宜しくですね。おっと、ブログも1800号。今年も感心した事、珍しい事、面白かった事、アップしていきましょう!
posted by ジョー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月12日

謹賀新年2019 今年も宜しくお願いいたします。

IMG_7246.JPG
コメントありがとうございます。私のPCが調子悪いのか、エラーが出て、コメント書き込みが出来ません、すみません。ペットロスは堪えますね。残されたカノの為に、家族全員元気にならなければです。今年は亥年。仕事もプライベートも猪突猛進と行きたいところ。ブログも感激した事、面白い事、まいっちゃったねを書いていきますね。まずは、年末年始のハチャメチャから。早朝大晦日、鮮魚を求め愛車で熱海へ。東名で飛び石、フロントガラス損傷。ググッ。年始、仕事始めに車検のお知らせ2台。もうその時期?ググッ。愛車の点検のお知らせ。昨今、危険運転、煽り運転がニュースになっているので、ドライブレコーダーの設置を依頼。純正品は前後のみ録画機能。側方からの衝突が統計的に多いので、球形の全周撮影型を。更に駐車中の録画も出来る優れもの。相談すると快諾。流石、このディーラーのサービス良し。走っていないのでオイル交換だけ。今回は出費が少ない、助かる。と思ったら、取り付け費……絶句。ググッ。更にえり先生の愛車ミニ。エンジン始動に問題発生。気まぐれ日記ならぬ、気まぐれ始動。いつ動くのか、停まるのか気まぐれ。聞けばバッテリーに問題なし。頻繁にオイル注意の点灯。ディーラーに持っていくも、問題なしを繰り返しているとの事。詳しく調べるにはエンジン降ろしての点検・整備に1か月必要との事。工賃、部品代。一体、幾ら掛かるんだ?直れば良いが、再発もあり得る。怖くて、つ、つ、使い物にならん。キャリアカーのお世話に。あえなく次期FX購入に。ググッ。新年早々、怒涛の出費だな。まいっちゃったねから、スタートのブログ。静かに仕事しよっと。
posted by ジョー at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月24日

さらばマニ

IMG_7134.JPG
此処二か月、体調を崩していたマニ。動物病院にて診察を受けると、膵臓に大きい腫瘍が発見。入院して手術となったのだが、手術中に肝臓にも見つかり、それも除去。体力的に耐えられるか心配だったが、持ちこたえ、無事手術を終えた。途中、貧血で急遽カノ出動要請が獣医から。トコトコとカノ、輸血の為に動物病院に。あれ程、室内ではいがみ合っていたのに、私で役立つならどうぞと、偉いぞカノ。好敵手が居ないせいか、10日程留守を守るカノも元気がない様子。様子を窺いに動物病院に行くと、痩せてフラフラのマニ。自宅に帰ったら、好きなものを食べさせて元気に太ってもらわないとと、話すが、面談の最中にも動物病院の出口に向かい、しきりに自宅へ戻りたがっている様子。後もう少しの辛抱、がんばれと自宅に戻ったが、翌朝急変、他界の知らせ。14歳で亡くなったが、調べると犬種としてはかなりの高齢。天寿と納得すべきだが、こうなるなら、辛い手術を受けさせなくても良かったかとも思う。家族の一員としての存在として大切だけでなく、モデル犬として、フレンチブルの魅力を世に示した役割。よくぞ頑張りました。晩年はゲージに入っている時間が多かった。天国で思いっきり走り回りなさい。さらばだ、マニ。合掌。あーーっ。し、し、暫くは、ペットロスが響きそう。
posted by ジョー at 05:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月24日

2018 紅葉狩り

IMG_6841.JPGIMG_6836.JPGIMG_6913.JPGIMG_6938.JPGIMG_6972.JPGIMG_6986.JPGIMG_6981.JPGIMG_6977.JPGIMG_6993.JPG
自宅住居近くの歯科医師会に所属していたが、診療所地区の歯科医師会に転入。『経つ鳥跡を濁さず』と以前より立案計画していた厚生一泊旅行を知らぬ存ぜぬとはいかないので、組み立てを。ゲストとして参加した以前所属の歯科医師会同窓旅行は東北に。中尊寺金色堂と毛越寺、厳美渓を回るコース。日時は10月月末。紅葉が始まった状態か。いろは紅葉も良い色。無事、会も盛況のうちに終了。新しい厚生担当もしっかり者で一安心。又ゲストで参加するからね。11月に入っても多忙。でも暇を見つけて、義息子と箱根に。紅葉と温泉を楽しみたいとのリクエスト。上旬だったので、見ごろは後2,3週間後か。それでも朝日が昇り、日が差すと鮮やかな色に山間が変化。彼は歓声を上げては写真をパチリ。山女魚を囲炉裏焼き。ゆったりとした温泉に浸かった後に食しましたが、絶品。やっとまとまった休みとしての今週三連休。久し振りに愛車を走らせるか、いや重荷だななどと思いながらTVを見ると、高速道路どこも20km程渋滞との情報。紅葉時期としてはベストだものな。箱根、鎌倉、信州に日光、皆ドライブですね、帰宅は何時?こりゃ大変だとモチベーションダウン。待てよ。紅葉…千葉県ってどうだろう?アクアラインで木更津に。館山道路、房総スカイラインと走ったが、温かいのか、紅葉の見頃としては未だの感じ。面白かったのは木更津港に有る『中の島歩道橋』。凄い眺めが見えますね。恋の成就祈願ですか、南京錠が至る所に。近くの『活き活き亭』で魚介類の浜焼きを頂戴。好きな食材をチョイス。体育館のような広い場所に設置されたガスコンロでセルフで焼くのだが、新鮮、美味。今年は行った先での紅葉は、全て見頃より早かった感が強いな。でも、絡んだ食事は全て〇。となると、やっぱり私は『花より団子』か。
posted by ジョー at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記