2018年05月29日

連れてって、連れてって(^^♪。その1 富士山17

IMG_5558.JPGIMG_5569.JPG
えり先生:「今月末、単位取得で、大阪に登録に行かなくては」
JO君:「連れてってね」
と云う訳で関西に。こういう時は元気。早朝4時起床。身支度を整え、品川駅から、新幹線6時30分発に乗車。二泊三日の旅でござんす。大阪にて学会が開催。お邪魔虫の私、今回は何処を拝見するか?まだ未定。うーん。まず、食べ物だな。粉文化だから、本場たこ焼きを勉強するか。いや、いや。この間、用意をしたのに家族皆、食事を済ませたと聞き、一人片手にビールで54個食べたからな。新記録って、暫く見たくない。そうだ、二度漬け禁止の串揚げに挑戦しましょ。間違えて怒られるのは、嫌だから個室予約でと。グルメナビでの1位は?此処のお店ですか。何処にあるの?何?新橋に、中目黒だぁ~?大阪に行く、い、い、意味ないじゃん。まいったな。次。何処にしましょと、次々予約。あそこも行きたい。ここも見たいと組みあがっていきます。かなりハードなスケジュール。体力勝負だな。まずは、車中の富士山から。大分、山頂の雪も解けてきましたね。美しいお姿。西へと向かいますか。
posted by ジョー at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月23日

修理

IMG_5557.JPG
PCは、入手して4年以上経つモデル。立ち上がりは遅いし、最新型に変える時期かと。特に此処3,4ヶ月は調子がイマイチ。
娘2:「ちょっと、このPCおかしいよ。動作がおかしいし、USBも入りにくい」
JO君:「やっぱり。何か液晶の蓋を閉めても、浮き上がっているんだよね」
娘2:「絶対おかしい。修理依頼した方が良いよ」
早速メーカーに電話。Lineやチャットでも受け付けるらしいのだが、古い人間なので電話を選択。どう説明するか思案していたが、もう限界という15分以上待たされ、切るかと思ったら先方がお待たせしましたと電話口に。
オペレータさん:「どうしました?操作でしょうか?アプリでしょうか?」
JO君:「どう説明したらいいか。まず、型番と云うか、モデル名がどこにも書いていないのですが、本当に○○商品の物でしょうか?○○のロゴは刻印されているのですが」
オペレータさん:「キーボード面や、裏面に記載がありませんか?タブレット型ですか?」
JO君:「タブレット型?あー。液晶画面が二つ折りやら、表にひっくり返ったりします」
オペレータさん:「それなら中折れの支柱の部分に型番があるはずですが」
JO君:「あー。此処ですか。やっと判りました。隠れていたから、三日間見つかりませんでした。」
オペレータさん:「型番は承りました。それで…相談の内容は?」
JO君:「何だか分からないのですが、キー操作盤が、3,4か月前から中央部から膨らんで来まして、現在1cm位膨らんでいます。液晶画面の蓋を閉めても、完全に浮いています。これって、危なくて、火災やら爆発するんですか?バッテリーの挿し口らしきものも無いし、どうやって中身見るのかな?」
オペレータさん:「えーっ!?直ぐコンセント抜いてください。上席に報告をしますのでお待ちください」
驚くべき速さで回収。修理完了。ふむ。新品の様な仕上がり。これで、ブログ続けられるな。
posted by ジョー at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月13日

男の料理 60 たこ焼き

IMG_5516.JPGIMG_5518.JPGIMG_5520.JPGIMG_5521.JPGIMG_5523.JPGIMG_5525.JPGIMG_5526.JPGIMG_5529.JPG
訪問での昼食、自由が丘に。コインパーキングから少し離れたお店へ徒歩。更に客で混雑。注文からお待ちっ!と出され、食後パーキングに戻ると意外に料金が高い。1時間を超えると、昼食代よりも高いのではと考えてしまう。今日は大型電気店の駐車場を利用。お店の品物を購入予定。目的とする品物は無かったので、帰りますかとなったが、ふと目に飛び込んだのがおもちゃの様なタコ焼き器。以前ホットプレートを購入したが、重くなるのを嫌い、えり先生がたこ焼き鉄板を省略したので、此処4,5年我が家でたこ焼きをやった事がない。直径30p程。18個焼けるのか。一人タコ焼きにいいかと購入。更に目に飛び込んできたのがこれですよ。これ、使うの夢だったんだよな。正式名称は知らないけど、円柱状の油を引くもの。お店の人が鉄板の上で縦、横に滑らした後、クルッと半円球の穴に手際良く回す、あれである。今まではキッチンタオルペーパーを丸めて使っていたけど、これじゃなきゃダメなんですよ。俄然やる気が出てきましたね。早速準備。ビールと、たこ焼きやる?声掛けで娘夫婦が参加。
A君:「自宅用ニ、コレヲ持ッテイル人、ハジメテミマシタ」
JO君:「っらっしゃい!たこ焼き、よろこんでっ!」
正装。正装。エビスビールに敬意を払い、恵比寿ビール博物館で購入したT−シャツに着替え。さーて、始めますか。タコ糸を束ねた様な器具に油を染み込ませ、クルリと。くーっ!たまらん。もっとでかい鉄板でやりたいな。たこ焼きも良い出来。おたふくソース、青のりを掛け、鰹節を踊らせ、アツアツを頂き、ビールで流します。し、し、幸せだな〜!
posted by ジョー at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月10日

2018 ゴールデンウイーク その4

IMG_5458.JPGIMG_5460.JPGIMG_5463.JPGIMG_5468.JPGIMG_5489.JPGIMG_5471.JPGIMG_5475.JPGIMG_5484.JPG
えり先生:「これからフラワーパークに行くことに?」
JO君:「いや。遠雷が聞こえたので、西に逃げますか。以前スタッフNから送られた写メにあった『榛名神社』に行ってみましょう。ナビによると到着予定時間1時間15分。東北道から北関東道で高崎方面へ」
早朝3時起床と早かったせいか、車内で、えり先生は爆睡。目覚めたときには高崎市内へ。少し渋滞が始まり、結果的には2時間余りで現地到着。此処も大谷石とは違った巨岩がゴロゴロ。参道でも圧巻の岩が目前に迫ります。本堂までの距離も結構ありますので休憩を挟み、マイペースで。市内から榛名神社までのワインディングロードでは、藤棚が見られなかったと不満のえり先生も、山に自生する野生の藤が木々の上にそこかしこに顔を至る所で覗かせるので御満悦。森林の緑も鮮やか。目的の本堂でお参り。見応えあります。榛名湖に移動。ワカサギのフライで昼食。午後2時30分。榛名湖にぽこんと突き出た山頂までのロープウェイにも乗りたいところですが、次の機会に譲りましょ。この位で帰京しないと、帰りは関越道。大渋滞が予想されますものね。S.Aでお土産ゲット。先を急ぎます。案の定、所々でゴーアンドストップの繰り返し。でも、午後6時には帰宅。渋滞に巻き込まれ、疲れに行くようなゴールデンウイークですが、今回のドライブコース、じっくりと一か所に留まり観光するのも楽しいですが、割と駆け足の見学も良しということで、『新緑と巨岩を巡る旅』として楽しめた方ではないですか。御参考に。
posted by ジョー at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月09日

2018 ゴールデンウイーク その3

IMG_5374.JPGIMG_5373.JPGIMG_5360.JPGIMG_5380.JPGIMG_5388.JPGIMG_5392.JPGIMG_5401.JPGIMG_5417.JPGIMG_5420.JPG
多気山神社。行者修行での荒行が行われる場でもあるようで、火渡りでは一般参加も行われているそうな。秘仏不動明王が本尊。有難く両手を合わせ下山。御神水も頂いちゃいましょう。気分爽快。おっと、そろそろ目的にしていた大谷神社、開場の時間が迫ってきました。熊野の速玉神社以来、どうも巨石に魅かれているのか、何気に手にした雑誌の中で特集で組まれた記事を見て是非訪れたいと思ったところ。いやー、凄いですね。この大谷石の形は天然で出来たものだそう。撮影禁止なのでアップできないが、シルクロード時代にその技法から彫られたものと推測される千手観音像は圧巻。日光華厳の滝に続き、二番目に栃木の文化財指定を受けたそう。美しいお顔です。資料館に移動。9時近くになると、観光客がずらりと行列。早朝訪れた時には誰一人いなかったのにね。今は…200番目位だろうか。おっと、列が動き出しました。チケットを買って、階段で地下に。何か肌寒くなってきましたね。冷気を感じます。前方から歓声が。どれどれ。圧巻です。何という広さに高さ。言葉を失いますね。こうして大谷石は採掘されていたんですか。紹介されていましたが、そう云えば映画や、TVでこの場面見たことあるなと思い出しました。此処が撮影現場だったのですか。戦時中は陸軍の地下倉庫、中島飛行機の『疾風』機体工場として使用。目に入りきらない大きなスケールに圧倒されます。機械も展示されていましたが、その昔は手作業で堀り、切り出し、大谷石の側面に丸太を突っ込み、階段を作り、背に130kgの大谷石を背負い運搬した人夫の写真も展示してあったが、随分と過酷な作業だったと想像されますね。出口に向かい、一気に外へ。天候は曇り空は晴天に。眩しいな。でも、耳を澄ませば遠雷が聞こえます。現れては消える雲の動きが早いですね。作戦変更。この地からの移動が良き策かも。こうなると、あそこが見たいな。
posted by ジョー at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月08日

2018 ゴールデンウイーク その2

IMG_5340.JPGIMG_5343.JPGIMG_5345.JPGIMG_5347.JPGIMG_5371.JPGIMG_5378.JPG
早朝3時起床。ボーっとした頭を少しでもはっきりさせる為シャワーを浴び、熱いコーヒーを啜り、身支度を整え、車の入れ替えを行い、二人の足並みが揃い自宅を出発したのが午前4時半。空は明るくなっています。コンビニに寄り、東北道にて目的の宇都宮方面に向かいます。渋滞予想に反し、良い流れ。車内にて目的地の再確認を。二人の意見が一致したのは、大谷神社と藤棚。まず遠方の大谷を目指し、帰路でフラワーパークに寄る作戦。道路状況は至って快適だが、どうも前方の黒い雲を追いかけている感じ。携帯で天気図を呼びだすと、細長い雨雲が北関東に伸びている。その尻尾を追いかけるように走っているんだと話しているうちに、ポツリポツリが、ワイパー全開状態に。豪雨状態に速度規制。ハンドルが取られない様慎重な運転で目的地の大谷へ6時10分に到着。
えり先生:「流石走り慣れている。見事な渋滞回避」
大谷石で有名な石の町。帝国ホテルのロビーなどでも使用されていた。御近所でもエントランスの植え込みの裾壁などに使われているあの少し緑がかった石。でも気泡があり、時に内にある樹木に押し出された様に膨らみ。吸水したかのような様子と、雲母状に崩れているのを見ると、強度はどうなのか、なぜあれ程使用されているのか、採掘現場は、など興味が尽きない。町に入ると無造作に切り出された大谷石の石板が放置されている。塀どころか、蔵も家も、お店も大谷石造りが多い。重厚な造りに感動。山肌も大谷石。期待が持てるぞ。早速近隣の案内板をチェック。成程ねと見上げると『天狗の投げ石』が。落ちないか心配。奇岩がごろごろです。まず大きな圧巻の平和観音を拝見。広場も階段も参道も、大谷石。どれだけ切り出したの?期待が膨らむなと大谷神社へ。あれっ?開場午前8時半?まいちゃうな。では、大谷資料館に先に行きますか。ありゃりゃ。開場午前9時?まいったな。1時間半以上時間が空いちゃうなと付近を見渡すが、時間つぶしのお店もやっていない。
えり先生:「こういうところが甘い。事前にしっかり調べないからこうなる」
グッ!どうしましょ。ふと看板に目が。『霊験あらたか。多気山不動尊』?ここから車で5分。良いじゃないですか。此処行ってみましょう。早速移動。多気山の中腹まである参道をどんどんと車で登っていきます。階段口で手を清めますか。ふと見ると杖が。あり?ひょっとして急こう配?出雲神社でもそうだったけど、又、猫がこっちだぜ的に先導。昨日の片付けで身体痛いのに、朝から鍛えられるな。
posted by ジョー at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月07日

2018ゴールデンウイーク その1

ゴールデンウイークも最終日を終え、皆様如何お過ごしか。5月1,2日を休めば9連休とあって、遠出や海外旅行の人も多かったのではないかと。私共は、カレンダー通り。前半は改定した点数による四苦八苦。後半は断捨離大掃除。行けるなら一日、どこか美味しいところでも位に止めましょうとなった。結果、本日の成果、普通ゴミ30ℓ袋で10個。雑草や本やら、もろもろ。かくも不用品があるかと感心。片付けながら、オブジェどころか得体のしれない物体と化した、1月7日以来、4か月も愛車に乗っていないなと気付き、慌ててボディカバーを外し、車内へ。セル1発で何事もなかったのようにエンジンが掛かる。バッテリーチャージ覚悟でスタートスイッチを押したが、流石の、あのメーカー。言葉ありません。電流リークがない。古いのに日本車以外にこうした芸当が出来るのは少ないのではないかと感動。暫く暖気しましょ。その間に高圧洗浄で玄関からガレージまで掃除と。身体をあちこち伸ばすと悲鳴が上がりますね。休み休み作業しますが、60過ぎの二人には、翌日悲鳴が出ちゃいます。クロゼットや、物置から出して一度あふれ返った物を、更に動かない身体に鞭打ってお片付け。段々とすっきり整理。苦しいけどこれをやらなければ、次世代に迷惑かけるよね。訪問でお邪魔する高齢者宅では足の踏み場もない、開かずの部屋、山積みの雑誌、異常な数の鍋、瀬戸物等色々あるものねとお茶談義。とは言え、こんな写真が、品物が出てきたといっては、休む時間が長くなるの繰り返し。どうにか目安がついたので5月4日に外出と決定。どこに行く?栃木フラワーパークの藤棚が見たい?あー、あれね。時期的にもう終わりじゃない?でも、行ってみますか。道路渋滞予測は高速3,40キロ。ふむ。天気は?上空に寒気?各地大荒れ?雷に雹だ?ま、まずいんじゃないの?とえり先生。なんの、まかせなさい。ドライブならなんとかしますから。………。うーん。その代わり…。強行軍ですよ。朝3時起きね。
posted by ジョー at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月18日

2018 春は花 33

IMG_5260.JPGIMG_5257.JPGIMG_5262.JPG
田園調布の患者さん宅へ。洗い出しの砂利コンクリートのエントランスに、30p直径程の直植の樹木が背丈ほどに伸びている。秋に拝見したときは真っ赤に紅葉していたが、10日程前には新緑に線香花火の様な花芽がこれでもかと付いていたのだが、それが一斉に咲きだした。見事。
JO君:「これ、何という名前でしたっけ?」
患者さんの奥様:「トウダンツツジ」
JO君:「形はまるっきりスズランだけど、これでツツジですか」
患者さんの奥様:「それほど珍しいものではありませんけど、家を建てたときの記念の植樹ですから、もう25年以上になります」
JO君:「苔と云い、良い雰囲気です」
患者さんの奥様:「漢字でどうドウダンツツジって、書くか知ってます?」
JO君:「…。同、童か。段か、弾かな。判りませんね」
患者さんの奥様:「満天星」
JO君:「えっ!?そう書くんですか。知らんかった。満天星のようにどっと咲き誇っているものな」
早速調べると、本州、九州、四国などの穏温な地域に生息。確かにツツジの仲間。ドウダンは蝋燭の灯台の形に似ていることが語源で変化した物らしい。改めて見てみると、自宅近所のお家にも、この白い小さな花を持つ、ドウダンツツジが植えられている。可憐な花。我が家でも植えてみようかな。
posted by ジョー at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月09日

ドローン その5 鳥になった私 

IMG_5066.JPGIMG_5102.JPGIMG_5076.JPGIMG_5064.JPG
『紅の豚28号機』による練習です。オートで離陸。オートでリターン トウ ホーム。GPSで位置を把握している限り安心。前後、下にセンサーが付いていて障害物を検知。少しずつ飛ばして慣れていきますが、それでも、もう三回墜落。原因は整備不良によるペラの脱落。慌てての人為的ミスによる壁激突。過信によるプロペラガード無しによる飛行でのペラ損傷。ふむー。やはり説明書による注意事項は当たっている…などと感心している場合ではない。機体傷だらけじゃない。大量のペラ予備注文。再塗装、又は、ラッピングをしてあげなければ。それでも自宅やら、屋内での血と汗と器物破壊の努力の結果、徐々に挙動に慣れ始めた。マニ、カノも、空飛ぶカエルの異様な姿にギャンギャン吠えていたが、騒音と、どこに飛んでいくかわからない怖さに、一切知らぬ存ぜぬ状態に。今日は快晴。お花見日和、散歩日和じゃなくてドローン日和。待ちに待ったぞ。許可なしで飛行できる場所を求めて出発です。飛行に関しては介助監視の者も置くこととなっているので、迷惑を顧みず6人に声掛け(多すぎたか)。車2台で出発。現地到着。準備する私だけ真剣。後の者、ドローンなんてと、ピクニック気分。安全第一をモットーに。皆もドローンが元気よく飛ぶ姿に、恐々から徐々に仲間入り。
JO君:「では慣れたので、初心者モードキャンセル。一気にスポーツモードで、時速68キロで湖の対岸を目指します」
H君:「いやー、やめた方が良いですよ。水ポチャで終わりですよ」
JO君:「だまらっしゃい!」
高度を上げて、ぐんぐんと離れていきます。快調!あれっ?あれれっ?今、どこにいるの?一瞬目を離し、送信機に目を奪われ、再度ドローンを見やると何処えやら。ゴマ粒状態なので探すのが大変。皆が集まってきます。H君も探しますが、見つかりません。焦らずホバリング。
スタッフC、M:「あそこに居るじゃないですか。雲の下の丸く抜けた空の右端」
JO君、H君:「ど、ど、どこよ?」
目を細めてじっくり監視。…発見。居ましたが、H君と顔を見合わせます。新たなる障害発見。我々、老眼で視力に問題有ね。それでも空撮を繰り返した映像に一同感激。やっぱり鳥目線は感動。動画で皆様にも見せたいな。参加者、御疲れ様。
posted by ジョー at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月01日

来たぞ21 紅の豚28号機 ドローン4

IMG_4711.JPGIMG_4712.JPGIMG_4710.JPG
さっと、という訳でもないが、なんとか諸問題をクリアー。時間が出来たので、届いた梱包のお開きタイム。ドローンの新型機を購入。色々調べたが、あれも良い、これも良い状態。うむ、次のステップは1万円位か2万円か。いや、すぐに飽きるか、もう少し機能が欲しいとなって、無駄に2,3台コレクションになるかなどと考へ、最終的に行っちゃえで、購入したのが最新モデルのDJI MAVIC AIR。良いじゃないですか。良い色じゃないですか。コホン。命名『紅の豚28号機』。バッテリーを搭載するとズシリと重たいな。これが墜落したら、大怪我でもさせたら、大変。まず、そこの問題から解決。対人・対物保険掛けられます。ついでに機体の保険も掛けちゃいましょ。ん?機体が行方不明になっちゃったら、保険は効かないのね。成程。YouTubeを見ると同型で墜落映像ありますね。うひゃー。海上を飛ぶ空撮は迫力あるけど、波の動きが読めなかったのか、操縦ミスか、そのまま海水に。回収不可能だな。こっちは木の枝を回避出来なかったのね。森に真っ逆さま墜落。かなり深い森だぞ。ありゃ、この映像ときたら。何で勝手に暴走してどこかに行っちゃうの?もうトホホ映像だな。気を付けよっと。説明書を読んで、セットアップ開始。アクティベーション?キャリブレーション?IMU?コンパス?ビジョンシステム?気圧高度?何?ドローン許可・承認?申請?飛行禁止空域?国土交通省?ドローン航空規制?受信範囲距離2km?高さも半端ない。理解不能。?ばかりではないか。も、も、もしもだぞ、ジェットの空気取り入れ口に吸い込まれたら。へ、へプコリターじゃない、ヘリコプターのローターに当たったなら。こ、怖っ!な、な、何か、おもちゃを超越しちゃってるな。と、と、とんでもないもの買っちゃったか。そういえば以前、善光寺のお坊さんの行列にドローンが墜落したニュース流れていたな。少しずつ調べていきますか。ちょっと公園で練習とはいかないぞ。簡単にプロモーションビデオのように美しい空撮が出来ると思ったけど、ここは慎重に進めますか。
posted by ジョー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記